2008年02月06日

小野がドイツで最高のデビュー

ボーフムに移籍した小野伸二がドイツのブンデスリーガ第18節のブレーメン戦に途中出場でデビューした。
ブレーメンはここまでリーグ2位の強豪で小野が出場したときには、0-1とリードされていた。
後半23分に小野がピッチに入ると、なんとすぐにFWアウアーのゴールをアシストしてしまう。
そして後半39分にもDFヤイアのゴールをアシストして、チームは逆転勝ち!!
実はボーフムは創立以来、ブレーメンのホーム試合で勝利したことがない。
歴史的な勝利を約25分で呼び寄せてしまった。
怪我の心配さえなければ、日本でもっとも完成されたMFとも言えるだろう。
浦和レッズでは怪我に悩まされていた。もちろん、これからも怪我をしないとも限らないが、海外でも通用する日本人選手がいるというのは素晴らしいことだ。
これからもドイツでの期待をしたい!
posted by Len at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

水野晃樹がセルティックと正式契約!

ジェフ千葉のMF水野晃樹が中村俊輔のいるセルティックと正式に契約を結んだ。
これまで就労ビザが取れるかが問題だったが、若い選手のみ考慮されるA代表以外の代表出場などが考慮され、五輪代表の水野は英国での就労が可能となった。
契約期間は3年半で、2月1日に入団会見を開くことになる。
オシム監督の下で急成長した水野は、精度の高いキックとスピードのあるドリブラーが持ち味だが、海外でプレーすることによってフィジカルの強化なども期待できる。
とにかく、頑張ってスタメンで活躍して欲しい!
posted by Len at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

オシム前監督復活!

1月30日に予定されている日本対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦をオシム前監督が観戦することとなった。
病気で倒れて以来、初めて公の場に出ることになる。
自力歩行が可能となっていると報告されるほど、回復しているオシム前監督は、日本代表選手たちに「選手たちは代表に選ばれ続けているのに成長がない」とコメントを残すと、オシムチルドレンと呼ばれた選手を始め、オシム監督時代に日本代表を経験している選手たちが次々と気持ちを引き締めなおした。
なんという威厳なんだろう。
やっぱり、オシム氏は日本のサッカーにこれからも携わってほしい!
自分のサッカーを教えた日本代表と自分の母国が対戦する。
日本代表にはすばらしいプレーを期待したい!
posted by Len at 13:39| Comment(8) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

オランダで第2の小野になれ!

名古屋グランパスからオランダ1部リーグのVVVフェンロに移籍した五輪代表のMF本田圭佑は、移籍後すぐにリーグ首位のPSV戦でデビュー。
1-1の後半からの出場ではあったが、1人退場者を出していたため非常に劣勢の中でのプレーだった。
ボランチのポジションから上がって行き、劣勢の中でも攻撃を何度か演出した。
彼自身も一本ミドルシュートを放って見せ場を作った。
そして首位のPSVと見事に引き分けた。
この活躍はオランダ全国紙のテレグラフでの採点でチーム最高の7点(10点満点中)という形となった。
昨季名古屋グランパスを率いたPSVのフェルフォーセン監督は「試合前に(VVVフェンロの)ウェッツェル監督に『今日は本田を使わないで』と言ったのだが…」などと本田を評価していた。
首位を走るPSVからすれば、痛いドローだったわけである。
さあ、これからが本田の力の見せ所だ!
かつてオランダで活躍した小野伸二のようになれるだろうか?
海外でプレーするというのは本当に大変なことかもしれないが、海外で頑張っている日本人選手を応援したい!

単身で海外に数年いたことがあるが、やっぱり色々な面で苦労したのを記憶している。
言葉、文化、考え方など新しいことを学びながらサッカーに打ち込むのきっと大変なことに違いない。
それでも、日本のサッカーのレベルを上げるには、こうしたチャレンジャーが必要なんだと思う。
みんなで海外リーグで戦う選手を応援しよう!

posted by Len at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

ル・マン松井のミドルでリオン撃破!

フランスリーグ杯の準々決勝でMF松井大輔が所属するル・マンが、フランスリーグ首位のリオンと激突した。
実力的には首位を走るリオンが上と見られていたが、試合が前半29分に動く。
右サイドでボールを受けた松井が、ゴールまで約30メートルの位置から左足を振りぬくと、ゴール左隅に決まった。
この間、リオンのGKクーペ(フランス代表)は全く動けなかった。
ル・マンは松井のスーパーゴールを守りきって1-0で準決勝に進出した。
大金星だった。

海外でプレーする日本人の活躍は、日本代表にとっていい刺激になるに違いない!
今年も松井大輔の活躍に期待したい!

posted by Len at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogranking.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。