2008年02月08日

FC東京が超大型補強へ動く

国の首都に拠点を置くクラブチームの強さが、その国のサッカーレベルを表すとも言われている。
イタリアのASローマ、SSラツィオやスペインのレアルマドリード、アトレティコ・マドリード、またイングランドのアーセナルFC、チェルシーFCなどがそうだ。
確かにヨーロッパだけでなく、世界的に有名なクラブチームが首都を本拠地としている。
日本ではFC東京や東京ヴェルディーがそれに該当する。
しかし、AFCを制した浦和レッズや長年国内リーグ良い成績を収めている鹿島アントラーズなどの人気チームの方が世界的には有名だったりする。
個人的には首都に拠点を置くチームにはもっとビックになってほしいと思っていた。
ここでFC東京の村林裕社長は総額10億円規模の補強をする方針を示した。
その一つとしてワールドクラスの選手獲得だ。
非公式ではあるが、FC東京はイタリアのセリエAの強豪クラブであるユベントスの主力選手のMFパベル・ネドベドの獲得意思表明をしたと伝えられている。
チェコの大砲と呼ばれるミドルシューターであるネドベドは現在35歳。
今年の6月でユベントスとの契約が満了する。
年齢的にも若いスター選手と比べれば比較的競合があまりないと言われているが、それでも彼はビックネーム。
獲得することは簡単ではないはずだ。
Jリーグに現役スター選手が来るのは最近では見られなかったが、もしネドベドの獲得が実現したなら、個人的にはスタジアムに足を運ぶことになりそうだ。
正直、Jリーグで現名古屋グランパスの監督のストイコビッチ(通称ピクシー)が選手としてJリーグに来た時に見たプレーには驚かされた。
あの時のように世界最高レベルのプレーがJリーグで見られるなら、日本の選手にとってもサッカーファンにとっても大きなプラスになるのではないだろうか?
もちろん、ネドベドが日本に来るかは全く未定ではあるが、FC東京のこうした努力を心から応援したい!!
posted by Len at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

日本代表レベルの選手の移籍情報

日本代表経験者や候補者、また五輪代表選手たちの移籍が目立つ今季のオフ。
少しリストアップしてみた。
元日本代表でFC東京のMF福西崇史とGK土肥洋一は東京ヴェルディに完全移籍。
日本を代表するストライカーの高原直泰がフランクフルトから浦和レッズへの移籍。
元日本代表のFW柳沢敦が鹿島アントラーズからサンガFC京都に完全移籍。
J2の広島のDF駒野友一がジュビロ磐田へ完全移籍が決定。
オシムチルドレンと言われたジェフ千葉のMF羽生直剛はFC東京へ完全移籍が発表された。
浦和レッズのMF長谷部誠はドイツのボルフスブルクと正式に契約するとされている。
さらに五輪代表で活躍した選手たちも移籍する。
FC東京のDF伊野波雅彦が鹿島アントラーズへ完全移籍をする。
ジェフ千葉のDF水本裕貴はガンバ大阪への移籍が決定的。
同じジェフ千葉からスコットランドリーグのセルティックに移籍すると言われているMF水野晃樹。
名古屋グランパスからオランダ1部リーグのVVVフェンロへの移籍が内定しているMF本田圭祐。

代表クラスの選手を多く放出したジェフ千葉、来季は大幅に戦力ダウンとなるが走るサッカーを貫いて新たなスター選手を生み出してほしい!
さて来季のJリーグと海外でプレーする選手に注目だ!
posted by Len at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

五輪代表MF水野がセルティックへ

ジェフ千葉のMF水野晃樹がスコットランドリーグの強豪セルティックへ移籍することがほぼ確定した。
問題となっていた就労ビザも取得できたようだ。
若くして海外に出るのは本当に勇気がいることだ。
現在、中村俊輔が所属しているチームへの移籍は水野にとって色々とプラスになるに違いない。
日本人選手が海外で活躍するニュースを期待している!
posted by Len at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

フランクフルトのFW高原が浦和に!

色々な移籍情報が入ってくる中で、一番注目できるのが、ドイツのブンデスリーガのフランクフルトに所属する日本代表FW高原直泰(28)が浦和レッズに移籍するというものだ!
決定力不足と嘆かれている日本代表のFWだが、高原だけは信頼できるFWとしてジーコ監督やオシム監督の時代に起用されていた。
裏のスペースへの飛び出し、ポストプレー、ダイレクトプレイなどをこなせる数少ない万能型FWだ。今の日本代表FWは、スピード型とポスト型に分かれているが、高原は両方ともバランス良くこなせる選手だ。
今年はワールドカップアジア3次予選という重要な試合が多くあるため、海外でプレーする選手を頻繁に呼ぶことは難しくなる。
しかし、高原が日本国内にいるのは日本代表にとって大きなプラスとなる。
ドイツで磨いた技術をJリーグで魅せてくれ!
万全の状態の高原を加えて日本代表をワールドカップに導いてほしい!
posted by Len at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

オシム氏 リハビリ開始

これは本当に良かったと言える。
イビチャ・オシム氏が脳梗塞で倒れて以来、ようやく集中治療室を出て一般病棟に移り、さらにリハビリを開始したという。
最近、ニュースを見ても殺人とか不祥事などばかりで嫌な気持ちになるが、病状が回復に向かうというニュースは喜ばしい。
日本サッカー協会は、オシム氏が回復した場合に、引き続き日本のサッカーに携わってほしいという願いから新しいポジションを用意する意向だ。
おそらくアドバイザーのような立場になるのかもしれない。
個人的にはオシム氏には日本にいて欲しい。
来年には日本代表の新監督である岡田監督がオシム氏を訪ねる事になっている。
とにかく、オシム氏には無理せずにしっかりと治していって欲しいと思う。
posted by Len at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

トルシエ監督 誰を取る?

元日本代表のDF秋田選手現役復帰とお伝えしたが、断られていたことが判明した。
そして、現在獲得に動いているのが外国人選手と外国人監督らしい。
会見では「ファーストネームだけを伝える」と言って候補に上がっている選手名を伝えた。
「ディディエ」と「ジョゼ」・・・これだけ言われるとイングランドのクラブチームのチェルシーを連想してしまうのは私だけではないだろう。
FWディディエ・ドログバとジョゼ・モウリーニョ前監督・・・まぁ、そんなわけない。
トルシエ監督は自分のキャリアから確かに広いネットワークを持っている。
もちろん、ビックネームの選手はJ1のチームですら獲得できていないのでJFLに移籍してくる可能性は低いが、トルシエ監督がFC琉球を強くすることを願っている。
JリーグでFC琉球が試合をする日を見てみたい。
posted by Len at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

FC琉球トルシエ総監督 DF秋田を獲得!

京都サンガFCに在籍していた元日本代表のDF秋田豊(37)選手は今季で引退していたが、FC琉球のトルシエ監督がオファーを出して現役復帰することになった。
どうやら日本代表経験もある秋田の経験とプロの意識をチームに入れる事がねらいのようだ。
トルシエ監督は日本代表監督時代に、チームの士気を高めるために2002年ワールドカップメンバーとしてFW中山雅史と共にDF秋田を選出していた。
やはりトルシエ監督は秋田という選手を高く評価しているように見える。
トルシエ琉球が本格的に動いた。
posted by Len at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

元日本代表監督トルシエ氏がFC琉球の監督へ

2002年日韓ワールドカップで日本代表を決勝トーナメントに導いたフィリップ・トルシエ氏がJFL(J2の下)のFC琉球の総監督に就任することになった。
これには本当に驚いた。
トルシエ氏は、これまでにナイジェリア代表、南アフリカ代表、日本代表、カタール代表、フランス1部リーグのマルセイユ、モロッコ代表など指揮してきた「白い呪術師」と呼ばれる人物だ。
特に日本サッカーに大きな功績を残した。A代表をワールドカップに決勝トーナメントに導いたのも素晴らしいが、1999年のワールドユースで準優勝したのは、日本のサッカー界に歴史に深く刻まれている。
また、日本人の組織力を重視して「フラットスリー」という3バックで、オフサイドラインのラインコントロールによるディフェンスを徹底していた監督であった。
今まで代表監督やビッグクラブを指揮してきた監督が、アマチュアチームの監督になると言うのだから本当に驚いた。
FC琉球のトップチームや下部組織だけを指導するのではなく、「トルシエ・アカデミー」を設立して選手育成にも力を入れていく構想もあるようだ。
もし、「トルシエ・アカデミー」というものが本当に実現するなら、日本のサッカーに大きく貢献していくことになる。
これからのトルシエ監督の行動には注目していきたい。
ラベル:トルシエ FC琉球
posted by Len at 13:53| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

ボカ・ジュニアーズが決勝へ

日本で開催されているクラブワールドカップの準決勝が行われた。
南米代表のボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)が前半に決めた1点を10人で守りきり、アフリカ代表のエトワール・サヘル(チュニジア)を1-0で下して決勝進出を果たした。
今回の大会でも南米vs欧州の決勝になっていまうのだろうか?
これまでにクラブワールドカップで、南米と欧州の代表以外が決勝に進んだことはない。
アジア代表の浦和レッズ(日本)は、ACミランを下して決勝に進むことができるか?
やはり、クラブワールドカップの決勝に進むには、どうしても世界最強チームを倒さなければならない。
もちろん、全く可能性がないわけではないので、浦和レッズの選手の素晴らしいパフォーマンスに期待したい。
posted by Len at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

天皇杯でJFLのホンダFCが快進撃

何が起こっているのだろうか?
天皇杯のベスト16のチームが激突したこの日、一番目立ったのはJFL(J2の下)のホンダFCだった。
まずベスト16までに残っている時点で称賛に値するが、この日は名古屋グランパスとの対戦で、後半に見せたカウンターから2得点を叩き出してベスト8に入った!
今年度の天皇杯では、J2の東京ヴェルディ、J1の柏レイソル、J1の名古屋グランパスとJリーグ勢を撃破してきた。
これは奇跡というものではなく、実力である事を素直に認められる結果だと思う。
12月22日の準々決勝では、ホンダFCはJリーグ王者の鹿島アントラーズと対戦する。
天皇杯はこれからが熱い!!
posted by Len at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2の事ならこちらへ

これまで、「サッカー日本代表を応援する男のブログ」を応援してくださってありがとうございます。
さて、Jリーグをより楽しむためのブログをご紹介したいと思います。
水戸ホーリーホックファンのsakahiroさんが管理する
「私のスポーツ、ゲーム理論 〜 みんながすきな趣味」
というブログです。
私が普段扱えないJ2の情報も扱ってくださっているので、是非ともsakahiroさんのブログも拝見してみてください。
J2に限らず、J1や日本代表、さらには家庭用ゲームなどの情報なども提供してくださっています。
相互リンクとなっていますので、「お友達相互リンク」からアクセスしてください。

今すぐアクセスするかたはこちらへ→クリック
ラベル:相互リンク
posted by Len at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

オシム監督倒れる!!

日本代表監督を務めるイビチャ・オシム監督が急性脳梗塞で倒れた!
66歳のオシム監督の容態は不安定と伝えられている。どうやら集中治療室で治療を受けているようだ。
日本のサッカーの大きく貢献してきた人物だけに、日本サッカー協会も揺れ動いている。
とにかく、オシム監督が一命を取り留めて、回復に向かって欲しい!
これは彼を知るすべての人の願いだ!
ラベル:オシム 日本代表
posted by Len at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

toto BIG 6億円が5口!次回も6億円!

第313回のtoto BIGで1等6億円が5口出た!
1等6億円が5口というのは過去最高だった。
これでtoto BIGは1等6億円が4回連続で出たことになる。
Jリーグの4節に渡って、毎回6億円が当たるなんて驚異的である。
しかも、次回の繰越金(キャリーオーバー)は、6億2988万4560円となり、また6億円が準備されている。
次回のtoto BIGは11月18日まで発売されている。

今回の結果はこちら
02101-11211-1110

ラベル:toto BIG
posted by Len at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

ピクシーが名古屋グランパスの監督へ

名古屋グランパスは来季の監督として、現役時代ピクシーとして知られるドラガン・ストイコビッチ氏と交渉しようとしていたが、ピクシーの持つ欧州連盟(UEFA)のライセンスが
日本のS級ライセンスに満たないとして、一度は監督として交渉できないとしていたが、ピクシーが名古屋グランパスの監督を熱望したため、セルビア・サッカー協会からJリーグ監督に必要なS級ライセンスに相当するライセンスが発給される見込み立った事が発表された。
これを踏まえて改めて名古屋グランパスがピクシー監督を迎えられるように動いた。

個人的にはピクシーの選手としてのプレーがすごく好きだった。
彼がJリーグで見せた妖精(ピクシー)のようなプレーは、多くの日本の選手やファンに良い影響を与えたに違いない。
そして、彼は監督として戻ってくることは本当に嬉しい!
ご存知かもしれないが、ドラガン・ストイコビッチ氏はオシム監督の教え子である。
1990年イタリアワールドカップでは、自国の分裂がありながら、ユーゴスラビア代表を率いたのがオシム監督でセルビア人のストイコビッチはその時のFWだった。当時のユーゴスラビアは本当に強かったが、自分の国が分裂していく不安とも戦いながら選手たちはプレーをした。ユーゴスラビア代表としてのチームは非常によくまとまっていて、監督と選手が一致して共に様々なプレッシャーと戦っていたのだ。
日本代表のオシム監督に続き、教え子のストイコビッチが名古屋の監督となれば「戦友」である彼らにとってもプラスになるし、これまでに日本のサッカーに対して多くの良い影響を与えてくれた二人なら、さらに良いものをもたらしてくれるに違いない!
名古屋グランパスには是非ともストイコビッチ監督を誕生させてほしい!

posted by Len at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

名古屋グランパスエイト「エイト」を捨てる

今まで「名古屋グランパスエイト」という名称を来季から「名古屋グランパス」に変更することになった。
そもそも「エイト」というのは名古屋市の記章「八」から取られていて「末広がり」という意味合いも含まれて「エイト」が付けられていたが、サッカーは11人「イレブン」のスポーツということもあり、サッカーのイメージと合わないという理由もあり変更になった。
このチーム名変更に関しては納得できるが、名古屋グランパスエイトのサポーターはどう思っているのだろうか?

posted by Len at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

2018年W杯招致へ 日本サッカー協会動く

これまで、大陸持ち回り開催だったワールドカップだったが、10月29日にいFIFAの理事会で見直しが決定した。
過去2大会の開催大陸は開催候補から除外されることとなったが、2002年に日韓共同W杯は2018年の対象とならないため日本は立候補できる。
現在、2014年にブラジル開催が決定しており、2018年にはイングランドが立候補している。しかも報道では2018年のW杯はイングランド優勢と報じられている。仮に18年がイングランド開催となった場合は、2022年は南米、欧州以外の大陸で開催されるため、日本にもチャンスが回ってくる。
日本サッカー協会の構想の中で、2050年までにもう一度日本でワールドカップを開くことを目標としていたが、それが早期に達成する可能性も出てきた。
早くも川淵キャプテンは、2018年のワールドカップ招致についての検討委員会設置を提案するとしている。
もちろん、2002年にワールドカップを開いたばかりなので実現は難しいかもしれないが、やはり生きている間にワールドカップを自国で観戦してみたい!
実は、2002年の時は日本に住んでいなかったのでワールドカップを逃している。一度は世界最高で最大の大会を生で観たい!

サッカーニュースのブログをサッカーブログランキングでチェック!
posted by Len at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

クラブワールドカップ2008年も日本で!

10月29日、国際サッカー連盟(FIFA)の理事会で2009年も日本でクラブワールドカップを開く事を正式決定した。
日本でヨーロッパチャンピオンと南米チャンピオンが対決するトヨタカップが、FIFAの管理となりクラブワールドカップと名前を変えた。主催していたトヨタ自動車の日本サッカーに対する貢献は、本当に大きなものだったのは誰もが認める事だ。日本で世界最高のプレーを観る機会を与えてくれた事に感謝したい。
南米の選手にとっては、ヨーロッパのクラブに移籍するチャンスでもあったこの大会は、世界中が色々な意味で注目していた。そう言えば私の南米の友人たちは、みんな「TOYOTA」の車に乗りたがっていた。

2008年も日本開催になった事は嬉しいが、2009年以降は立候補地を募って選定するとの事。正直、このまま日本でやって欲しいと思うがこれもクラブの世界大会発展のためなのかもしれない。しかし、日本の企業が世界一人気のあるスポーツの世界大会を作ったのは本当に誇りに思う。

まずは2007年の大会に注目したい。
日本のクラブが参加するということもあり、注目できるはずだ!
今のところ浦和レッズが日本またはアジア代表として出場する可能性が高い。
今から楽しみだ!

サッカーニュースのブログをサッカーブログランキングでチェック!

posted by Len at 18:18| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

toto Big 過去最高のキャリーオーバー21億円

第311回BIGの結果は1等6億円が一口出た!
しかし、繰越金が21億6539万8680円もあり、次回のBIGは6億円3口が確実に準備される。
これをねらって購入者が殺到することが予想されるので、6億円5口から7口ぐらいの賞金が集まるとみられている。
宝くじよりは当選確率が高く、しかも1等は1口とは限定されていない事からここ最近ではかなり注目を受けているBIG。
Jリーグの観戦者数に影響を与えているのだろうか?
今回の結果はこちら。
20101-02202-1212

次回のBIGは11月10日まで販売されている。
ラベル:toto BIG サッカー
posted by Len at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

toto Big 繰越金約16億6000万円!

サッカーくじの第309回toto Bigの結果が出たが1等が出なかったため、
繰越金(キャリーオーバー)が16億5981万3360円となった。
次回も1等6億円が3口以上確保される事になる。

第309回の結果はこちら
12121-12211-1222

Jリーグは残り5節、かなり熱くなってきている。
toto Bigもアシストしている。

posted by Len at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

toto Bigで6億円が3口 次回も6億円!

10月10日にtoto Bigの結果が発表された。第307回のビッグでは6億円が3口出たと報告された。
しかも、次回繰越金(キャリーオーバー)は8億1900万3960円あり、次回も6億円が出る可能性がある。
次回のとトトは10月20日まで販売される。
では今回のtoto Bigの結果はこちら
12122-11102-2101
ここ最近は宝くじより人気があるのではないかと思うぐらい、毎週のように6億円が当たるチャンスを作り出しているトトビッグ。
サッカーくじを通して、サッカーに注目が集まって欲しい。

blogrankings.gif←もしよければ投票をお願いします
posted by Len at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogranking.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。