2008年02月20日

完全アウエーで中国を撃破!

中国で行われている東アジア選手権で日本代表は重慶で地元中国と対戦した。
試合開始前から異様な雰囲気はあった。
試合が始まると中国が積極的に攻撃を開始する。
日本は怪我などでFWの人数が少ないこともあり、この日は田代有三の1トップで臨んだ。
中国の新聞では、この試合に勝てなければワールドカップ出場は難しいとか、監督の交代が必要になるなどと騒がれていたこともあってか、この日の中国の攻撃は結構前がかりになっていた。
試合開始から約10分間は中国のペースだったが、徐々に日本が攻撃を組み立て始める。
そして前半17分、ようやく左サイドの駒野友一がオーバーラップをして、中国のゴール左の深い位置から低く早いクロスを上げると、FW田代が相手GKの前に入り交錯するとボールがゴール前にこぼれた。そこに詰めていたMF山瀬功治が狙い澄ましてダイレクトで強烈なシュートを中国ゴールに叩き込む。
早い時間で日本が先制した。
しかし、ここからが長い時間だった。
不可解な判定が積み重なり、日本選手たちの耐える時間が続いた。
徐々に攻撃を増してくる中国には何度もチャンスがあった。
それでもなんとか1-0のまま前半を終える。

後半に入ると日本のスタミナやテクニックが徐々に見れるようになった。
試合を支配し始めたかと思うと、中国がラフプレーに出る。
前半のGK楢崎正剛の出血だけでなく、DF安田理大の負傷退場、MF遠藤保仁やMF中村憲剛がプレーの後に倒されるシーンが目立った。
しかし、審判は多くのファウルを流した。
選手や監督は必死に耐えていたが、サッカーファンは限界に達していたのではないだろうか?
ある程度のブーイングや不公平な判定は予想していたが、選手が怪我させられたりするを見ていると、サッカーを見ている気分ではなかった。
とにかくこの大事な時期に怪我だけはしないでほしい。
勝利よりも選手の怪我を心配するほどの試合展開は、すでにサッカーではないように思えた。
もし公正な審判がいたなら、退場者は何人いただろうか?

しかし、そのような状況でも選手たちは耐えた!
ロスタイム5分と長い時間ではあったが、接触プレーを避けてボールを回して時間を使いきった。
試合終了のホイッスルがなると、DF中澤佑二を中心に選手同士でガッチリとハイタッチをしていた。
みんな本当に耐えていたのだ。

久しぶりに疲れる試合を見た。
見ていた人間ですらこんなに疲れているのだから、選手や監督やコーチはもっと疲れていたに違いない。
とにかく、次の韓国戦に備えてゆっくり休んでほしい。

韓国の実力を考えれば、今日のような疲れる試合展開にはならないかもしれないが、審判のジャッジには不安が残る。
東アジアのサッカーレベルを上げるためにあるはずの大会の存在意味が問われる次の試合をみんなで応援しよう!
もしこの中国戦のような判定が続くようなら、東アジア選手権よりも定期的に日韓戦だけやっていてもいいような気がしてきた。
本来ならとても素晴らしい大会のはずなのだが・・・

とにかく選手にお疲れさまと言いたい!
posted by Len at 22:54| Comment(41) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

日本代表アウエーの戦い続く

先日の北朝鮮戦では完全アウエーの中で、なんとかドローに持ち込んだ。
今度は地元中国戦だ。
しかし、あのブーイングはかなり強烈だ。

それでも今回の日本代表メンバーには若い選手や代表経験が浅い選手もいるので、アウエーの経験を積むには絶好の機会だ!
この苦しい状況を乗り越えて、ワールドカップアジア3次予選に弾みをつけて欲しい。
posted by Len at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

南アフリカへ4ゴール発進!

南アフリカワールドカップに向けて、アジア3次予選が始まった。
日本はホームでタイを迎えた。
やっぱり、公式戦は親善試合とは違った緊張感がある。
この日の天気は雪だった。
これは雪を見たことない選手を多く抱えるタイにとっては、いわゆる「アウエーの洗礼」となったに違いない。
試合開始直後から、日本がボールを支配した。
中央の繋ぎからサイドへの展開までは、タイを圧倒していた。
しかし、ゴール前にボールが渡るとタイのディフェンスに阻まれていた。
やっぱり、ゴール前を固めていたタイのディフェンスを破ったのはMF遠藤保仁だった。
前半21分に相手ゴールの正面でFKを得ると、遠藤の右足から放たれてたボールはタイの壁を越えて、ゴール左隅に決まる。
タイのゴールキーパーは全く動けなかったほど、完全に逆を突いた見事なFKで日本が先制した。
これで日本は落ち着いてプレーできると喜んでいたサポーターの期待を裏切るかのように、71秒後にタイのFWティーラテープの無回転ミドルシュートが鮮やかに決まる。
遠藤のFKで喜んでいたので、何が起こったかわからないといった感じだった。
あのミドルシュートで日本の選手は目が覚めたのか、その後も攻撃し続けた。
しかし、タイの勢いもあり前半は1-1で折り返す。

後半に入ると日本はさらにボールを支配した。
そして後半9分、タイのゴールラインぎりぎりのところでMF山瀬功治が見事な突破を見せてペナルティーエリア内に進入すると、タイの選手が寄せて山瀬からボールを奪うがクリアボールがMF中村憲剛の足に当たり、ゴール前にボールが転がるとFW大久保嘉人が素早く反応して右足を突き出してゴールを決めた。
ゴールへの貪欲な姿勢が貴重な得点を生み出した。
岡田ジャパンのFW初ゴールだった。
これで完全に流れは日本に来た。
このゴールを機にタイは慣れない天候と焦りから、ファウルが多くなる。
後半18分にタイの選手が2枚目のイエローカードをもらい一人少なくなると完全に日本のペースになる。
その3分後にタイのペナルティーエリアの左でFKを得ると中村憲剛が浮かせぎみにボールを供給するとDF中澤祐二が競り合いに勝ちボンバーヘッドで追加点を奪う。
そして後半ロスタイムに、途中出場していたFW巻誠一郎が遠藤からのCKからダイビングヘッドで追加点を奪う。
4-1という結果で日本が勝利!
南アフリカへ素晴らしい船出となった。

次も頼むぞ!!
posted by Len at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

オシム前監督復活!

1月30日に予定されている日本対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦をオシム前監督が観戦することとなった。
病気で倒れて以来、初めて公の場に出ることになる。
自力歩行が可能となっていると報告されるほど、回復しているオシム前監督は、日本代表選手たちに「選手たちは代表に選ばれ続けているのに成長がない」とコメントを残すと、オシムチルドレンと呼ばれた選手を始め、オシム監督時代に日本代表を経験している選手たちが次々と気持ちを引き締めなおした。
なんという威厳なんだろう。
やっぱり、オシム氏は日本のサッカーにこれからも携わってほしい!
自分のサッカーを教えた日本代表と自分の母国が対戦する。
日本代表にはすばらしいプレーを期待したい!
posted by Len at 13:39| Comment(8) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

Jリーグ来季のチーム編成

今季はJ1が18チーム、J2が13チームで試合が組まれたが、来季(2008年度)はJ2にFC岐阜とロッソ熊本が加わり全33チームとなる。
将来的には、まずJ1とJ2が共に18チーム、次に20チームに増やすかJ3の創設を希望している。
しかし、1993年には10チームで始まったJリーグが15年目で33チームになるとは・・・
サッカーの歴史が浅い日本ではあるが、プロチームが充実するのが早いと思う。
この勢いで日本のサッカーを強くしてもらいたい。

posted by Len at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

日本代表の2008年1月の予定

岡田ジャパンとして練習を始めた日本代表。
2008年の1月は2試合組まれている。
国際親善試合として、
1月26日(土)に南米のチリ戦。
1月30日(水)に東欧のボスニア・ヘルツェゴビナ戦。
岡田監督はどのメンバーでどういったフォーメーションで臨むのかに注目が集まる。
posted by Len at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

岡田監督のチーム

日本代表監督に就任した岡田武史監督は、日本代表候補メンバーを選んだ。
「どんな監督でも8割方はかわらないんじゃないですか」と言っていたが、メンバー構成を見ていると9割ぐらい変わらないように見える。
33人中29人がオシム監督の下で日本代表を経験している。
今回の違いといえば、鹿島アントラーズの選手が3人呼ばれている事だ。
FW田代有三、DF岩政大樹、DF内田篤人が岡田監督の目に留まったようだ。
このうち内田は出場はないもののA代表選出はされたことがある選手だが、田代と岩政は初選出だ。
彼らのJリーグでのパフォーマンスは素晴らしいので、代表候補に選ばれても驚きではない。
その他にアテネ五輪代表経験者のDF徳永悠平(FC東京)も初選出だ。
それから、ガンバ大阪のDF安田理大もA代表入りした。彼に関しては今年一番のフィーバーではないだろうか?
彼はU-15日本代表から選出され続けていて、今年の7月に行われたU-20ワールドカップにも出場した。19歳ながら北京オリンピックのアジア予選を戦うU-22日本代表にも飛び級で選出された。
そして、今は岡田監督によってA代表候補にも選ばれた。
確かに彼のサイドからのオーバーラップやクロスの精度を見ると、A代表でも通用するものがある。

もちろん、ワールドカップアジア3次予選のメンバー入りはまだ確定していない。
あくまで【日本代表候補】なので【日本代表】とは言い切れないが、こうした新しい力によって日本のサッカーを強くしていってほしい!
来年のA代表の試合のピッチには誰が立っているのだろうか?
すごく楽しみになってきた!

posted by Len at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

岡田ジャパンでW杯へ

オシム監督が倒れて、後任を探していた日本協会は、岡田武史氏と交渉を続け、ついに日本代表監督に正式に決定した。
これまでに日本代表監督には岡田氏が有力視されていたので、驚きではない。
これからは岡田ジャパンとして南アフリカワールドカップを目指す事になる。
岡田ジャパン誕生と共に、イビチャ・オシム氏の容態が良くなってきて、少し会話ができるといわれている。
オシムサッカーの上に、岡田サッカーが融合する。
これからの日本代表の試合に注目だ!
posted by Len at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

日本代表の来年の初戦の相手

日本サッカー協会の発表によると2008年の日本代表の最初の試合は、1月26日に南米のチリと対戦することが決まったようだ。また、その4日後の30日にはオシム監督の祖国であるボスニア・ヘルツェゴビナ代表との試合が組まれている。
メディアの報道を見る限りでは、岡田武史氏の日本代表監督就任が有力で、親善試合の結果が大いに注目される。
2月6日にはワールドカップのアジア3次予選が始まるだけに、次期監督には大きな仕事が与えられたことになる。
もちろん、どんな監督がどんな選手を選ぼうが、日本のサッカーのレベルを象徴するのが代表チームであることには変わりないので、みんなで応援していこう!
posted by Len at 22:29| Comment(0) | TrackBack(1) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

オシム監督の意識が戻った!!

多くの人がオシム監督の回復を祈っていた。
11月26日の夜に、家族が呼びかけた時に、オシム監督が反応したことを、日本サッカー協会は発表した。
もちろん、まだ予断を許さない状況だが、意識が少しでも回復したことは喜ばしいニュースだ。
完全に意識が回復するには時間がかかるみたいだが、これで家族にとってもオシム監督を知る人にとっても嬉しい日となった。
日本代表監督として勇退する事になるが、とにかく元気になって家族とゆっくり過ごして欲しいと思う!
posted by Len at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表監督に岡田監督が決定的!

日本サッカー協会は、日本代表を初めてワールドカップに導いた岡田武史氏に日本代表監督として正式に交渉に入ることを決めた。
「岡ちゃん」の愛称で親しまれた岡田氏が作るサッカースタイルは、オシム監督とは対照的な守備を重視するものだ。
つまり、もし岡田氏が就任した場合、日本代表に召集されるメンバーも大きく変わってきそうだ。

さて、岡田氏のこれまでの実績を調べてみた。
1997年
フランスワールドカップアジア最終予選中に、加茂監督が解任された後をうけ日本代表の監督に緊急昇格して、日本代表を初のワールドカップに導いた。
1999年
J2のコンサドーレ札幌の監督に就任。
2000年
J2のコンサドーレ札幌をJ1に昇格させた。
2003年、2004年
横浜Fマリノスの監督に就任して、2年連続リーグ優勝を果たす。
2006年
リーグ戦途中で監督を辞任。
現在は日本サッカー協会特任理事を務めている。

確かに監督としては実績があり、現在の緊急な状況では適任と言える。
個人的にはオシムサッカーに可能性を感じていたので、オシム流が失われてしまうのは残念だが、岡田氏ならきっと素晴らしい日本代表を作ってくれると思う。
早ければ12月3日に、日本人の代表監督が約9年ぶりに誕生する。
出来ればオシム監督が築いた土台の上に、自分のスタイルを積み上げて欲しい!

posted by Len at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

W杯の3次予選の対戦相手

2010年の南アフリカワールドカップに向けた大陸予選の組み合わせが決まった。
日本は3次予選からの参加になるが、日本代表の対戦相手はバーレーン、オマーン、タイとなった。
3次予選は5つのグループに分かれて、ホームアンドアウエー方式で総当たり戦を行い各グループ2位までが最終予選に進める。
日本にとっては比較的戦いやすい相手だと思うが、現在監督不在なのも事実。
決して油断はできない。
3次予選で一番厳しいのはグループ1のオーストラリア、中国、イラク、カタールだ。
アジアトップクラスのオーストラリア、アジアカップ優勝のイラク、W杯出場経験がある中国、近年急速に力をつけてきたカタールと最終予選に残ってもおかしくないチームがそろった。
このグループで最終予選に残るチームを予想するのはかなり難しいだろう。

さて、3次予選ではどのような試合が見られるだろうか?
今から楽しみだ!

posted by Len at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

FIFAランキング 日本は30位

2007年10月24日に更新されたFIFAランキング。
先月1位だったイタリアは3位に後退、代わってアルゼンチンが1位でブラジルが2位に続く。
アジアトップは日本が順位を4つ上げて30位となった。
2006年にランキングの採点方式が変わってから、最高順位となる。
FIFAランキングが正確な実力を表しているかはわからないが、やはりランキングが上がる事は大きな励みになるに違いない。
さて、日本代表は何位まで上げていくことができるだろうか?
注目していこう!

posted by Len at 11:38| Comment(0) | TrackBack(1) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

アフリカ王者撃破! 大久保代表復活弾!

10月17日、長居スタジアムで日本代表はエジプト代表と対戦した。
試合開始するとエジプトのボール回しが目立つ。日本はカウンターから何度かチャンスを作るが、エジプトの早いプレスに阻まれる。
しかし前半21分、エジプトのクリアボールがペナルティーアーク付近で浮いて、FW大久保嘉人にボールが渡る。そして、反転して相手をかわし、左足を振りぬく!するとボールはエジプトのキーパーの届かないゴール右上に決まる。
先制すると徐々に日本のペースでボールを回せるようになる。
前半42分、MF遠藤のCKが弾かれるが、ボールがサイドにいた遠藤に戻ってくる。日本の攻撃のラインがそろっていたところに遠藤がクロスを入れると、ここにも大久保が現れてヘディングでゴール右隅に決める。
前半を2-0で折り返した。
後半が始まると早速素晴らしいゴールを見ることになる。
後半8分、エジプトのペナルティーエリア付近でMF中村憲剛がFW前田遼一にパスを試みるが弾かれる。しかし、そのこぼれ球がMF山岸智の前に転がる。これを山岸がワンタッチで叩いて、走りこんでいた前田に渡りGKと1対1になり、GKの股間を抜いたシュートが決まり3-0となる。
この一連の流れは本当に素晴らしいと思った。まずは前田はパスを受けれなかったが、ボールが山岸の方にこぼれているのを見てDFの裏に走りこんでいた。こぼれてきたボールをすぐに攻めに転じるために、山岸はワンタッチで前田へのパスを送った。2人の切り替えの早さが生んだゴールだった。
この後、ペナルティーエリア手前からエジプトがFKを決めて3-1となる。
そしてエジプトの攻撃は増すが、後半22分に左サイドバックの駒野が大きくサイドチェンジをすると、右サイドから走りこんできたDF加地がペナルティーエリアに入り込んで相手DFをフェイントでかわしてゴール左に決める。
結果は4-1で日本がアフリカ王者を破った!
試合全体としては日本のスピードがかなりエジプトを苦しめていた。特に早いパス回しが本当に目立っていた。
今回の収穫はたくさんあった。
1、オシムサッカーは確実に日本代表を強くしている。
2、フォワードが得点できる流れが作れていた。
3、攻守の切り替えの早さが得点に結びついた。
4、大久保のようにゴールに貪欲な選手が日本にいる。
5、強豪相手に大量得点ができた。
今回のMVPはもちろん2ゴールしていた大久保嘉人!
とにかくFWとして最も重要なゴールを決める姿勢が大久保に見られたのは、日本のFWにいい刺激となったに違いない。
年内のA代表の試合はエジプト戦で終わりだが、これからJリーグなどで彼らの活躍に注目していきたい。

blogrankings.gif←もしよければ投票をお願いします
posted by Len at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

10月17日エジプト戦 日本代表メンバー

エジプト戦に向けた日本代表メンバーが発表された。

GK
川口能活(磐田)、楢崎正剛(名古屋)、川島永嗣(川崎)


DF
中澤佑二(横浜M)、坪井慶介(浦和)、加地亮(G大阪)、駒野友一(広島)、阿部勇樹(浦和)、今野泰幸(F東京)


MF
橋本英郎(G大阪)、遠藤保仁(G大阪)、中村憲剛(川崎)、鈴木啓太(浦和)、山瀬功治(横浜M)、山岸智(千葉)、藤本淳吾(清水)


FW
播戸竜二(G大阪)、巻誠一郎(千葉)、前田遼一(磐田)、大久保嘉人(神戸)、矢野貴章(新潟)

今回の選考には浦和レッズのFW田中達也やDF闘莉王、サンフレッチェ広島のFW佐藤寿人が入っていない。これは怪我などによる主力離脱した場合のチームづくりなどの準備ともとらえられる。
オシム監督の、様々な選手に国際試合経験をさせるやり方は個人的にいいと思う。
しかし、欧州で活躍する選手を抜かしてもこんなに素晴らしい選手がいるのは、日本サッカーが進化している証ではないだろうか?
もちろん、世界との差は多少認めるが、世界の強豪とやってもいい試合をするのが今の日本代表だと思う。

選ばれた選手には大いに活躍して欲しい!


blogrankings.gif←もしよければ投票をお願いします

posted by Len at 22:03| Comment(0) | TrackBack(4) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

最新FIFAランキング - 日本はアジアトップ!

FIFAは19日に最新の世界ランキング(2007年9月分)を発表した。
日本はカメルーン戦やスイス戦での勝利があってか、前月から順位を7つ上げて34位に浮上した。
ランキング上位にも変動が見られた。先月まで3位だったイタリアが1位となり、1位だったブラジルは3位に後退した。その他のアジア勢も少しずつランクを上げた。
次のW杯までには20位前後までランクを上げてほしい!!!
次のエジプト戦でも頑張れオシムJAPAN!

↓↓サッカーブログランキングをチェック!
blogrankings.gif
posted by Len at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

オシムJAPAN海外初タイトル!

9月11日、3大陸トーナメントの第2戦、オーストリアのクラーゲンフルトで日本対スイスの試合が行われた。日本でのテレビ中継は日が変わった早朝で、眠い目をこすってテレビ観戦。
前半の早い時間にFKとPKで失点してしまった。0−2で折り返し、後半が始まると急に日本選手の動きが良くなってきた。
左サイドの松井大輔が仕掛けるシーンがあって、2回目の仕掛けのところでPKゲット!
松井の仕掛け良かったですよね!
中村俊輔がPKを決めると、ここから日本代表の走るサッカーが表現されるようになった。そして後半22分に左サイドからの中村のFKから、ゴール前で巻が相手ディフェンダーに競り勝ちゴール! 非難が続いた巻だけど、個人的にはとてもいい動きをしていると思う。だから、巻がゴールは本当に嬉しい!
そして、後半33分にも巻が絡んだ。左CKをショートで受け取った駒野がクロスを上げるとゴール前で競っていた巻が体を引っ張られてPKをゲット!これも俊輔が落ち着いて決めて逆転!
その後、すぐにスイスに同点ゴールを許してしまったが、最後まで攻め続けた。
そして後半ロスタイム、山岸のクロスをゴール前で中村憲剛がトラップしシュート!キーパーに弾かれるが、こぼれ球を矢野貴章が倒れこみながら詰めて決勝ゴール晴れ
この試合を勝利し、さらに3大陸トーナメントの優勝手(チョキ)
最後まで目を離せない試合でしたわーい(嬉しい顔)

blogrankings.gif
タグ:サッカー
posted by Len at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogranking.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。