2008年02月07日

南アフリカへ4ゴール発進!

南アフリカワールドカップに向けて、アジア3次予選が始まった。
日本はホームでタイを迎えた。
やっぱり、公式戦は親善試合とは違った緊張感がある。
この日の天気は雪だった。
これは雪を見たことない選手を多く抱えるタイにとっては、いわゆる「アウエーの洗礼」となったに違いない。
試合開始直後から、日本がボールを支配した。
中央の繋ぎからサイドへの展開までは、タイを圧倒していた。
しかし、ゴール前にボールが渡るとタイのディフェンスに阻まれていた。
やっぱり、ゴール前を固めていたタイのディフェンスを破ったのはMF遠藤保仁だった。
前半21分に相手ゴールの正面でFKを得ると、遠藤の右足から放たれてたボールはタイの壁を越えて、ゴール左隅に決まる。
タイのゴールキーパーは全く動けなかったほど、完全に逆を突いた見事なFKで日本が先制した。
これで日本は落ち着いてプレーできると喜んでいたサポーターの期待を裏切るかのように、71秒後にタイのFWティーラテープの無回転ミドルシュートが鮮やかに決まる。
遠藤のFKで喜んでいたので、何が起こったかわからないといった感じだった。
あのミドルシュートで日本の選手は目が覚めたのか、その後も攻撃し続けた。
しかし、タイの勢いもあり前半は1-1で折り返す。

後半に入ると日本はさらにボールを支配した。
そして後半9分、タイのゴールラインぎりぎりのところでMF山瀬功治が見事な突破を見せてペナルティーエリア内に進入すると、タイの選手が寄せて山瀬からボールを奪うがクリアボールがMF中村憲剛の足に当たり、ゴール前にボールが転がるとFW大久保嘉人が素早く反応して右足を突き出してゴールを決めた。
ゴールへの貪欲な姿勢が貴重な得点を生み出した。
岡田ジャパンのFW初ゴールだった。
これで完全に流れは日本に来た。
このゴールを機にタイは慣れない天候と焦りから、ファウルが多くなる。
後半18分にタイの選手が2枚目のイエローカードをもらい一人少なくなると完全に日本のペースになる。
その3分後にタイのペナルティーエリアの左でFKを得ると中村憲剛が浮かせぎみにボールを供給するとDF中澤祐二が競り合いに勝ちボンバーヘッドで追加点を奪う。
そして後半ロスタイムに、途中出場していたFW巻誠一郎が遠藤からのCKからダイビングヘッドで追加点を奪う。
4-1という結果で日本が勝利!
南アフリカへ素晴らしい船出となった。

次も頼むぞ!!
posted by Len at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogranking.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。