2008年02月06日

小野がドイツで最高のデビュー

ボーフムに移籍した小野伸二がドイツのブンデスリーガ第18節のブレーメン戦に途中出場でデビューした。
ブレーメンはここまでリーグ2位の強豪で小野が出場したときには、0-1とリードされていた。
後半23分に小野がピッチに入ると、なんとすぐにFWアウアーのゴールをアシストしてしまう。
そして後半39分にもDFヤイアのゴールをアシストして、チームは逆転勝ち!!
実はボーフムは創立以来、ブレーメンのホーム試合で勝利したことがない。
歴史的な勝利を約25分で呼び寄せてしまった。
怪我の心配さえなければ、日本でもっとも完成されたMFとも言えるだろう。
浦和レッズでは怪我に悩まされていた。もちろん、これからも怪我をしないとも限らないが、海外でも通用する日本人選手がいるというのは素晴らしいことだ。
これからもドイツでの期待をしたい!
posted by Len at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogranking.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。