2008年01月22日

オランダで第2の小野になれ!

名古屋グランパスからオランダ1部リーグのVVVフェンロに移籍した五輪代表のMF本田圭佑は、移籍後すぐにリーグ首位のPSV戦でデビュー。
1-1の後半からの出場ではあったが、1人退場者を出していたため非常に劣勢の中でのプレーだった。
ボランチのポジションから上がって行き、劣勢の中でも攻撃を何度か演出した。
彼自身も一本ミドルシュートを放って見せ場を作った。
そして首位のPSVと見事に引き分けた。
この活躍はオランダ全国紙のテレグラフでの採点でチーム最高の7点(10点満点中)という形となった。
昨季名古屋グランパスを率いたPSVのフェルフォーセン監督は「試合前に(VVVフェンロの)ウェッツェル監督に『今日は本田を使わないで』と言ったのだが…」などと本田を評価していた。
首位を走るPSVからすれば、痛いドローだったわけである。
さあ、これからが本田の力の見せ所だ!
かつてオランダで活躍した小野伸二のようになれるだろうか?
海外でプレーするというのは本当に大変なことかもしれないが、海外で頑張っている日本人選手を応援したい!

単身で海外に数年いたことがあるが、やっぱり色々な面で苦労したのを記憶している。
言葉、文化、考え方など新しいことを学びながらサッカーに打ち込むのきっと大変なことに違いない。
それでも、日本のサッカーのレベルを上げるには、こうしたチャレンジャーが必要なんだと思う。
みんなで海外リーグで戦う選手を応援しよう!

posted by Len at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80053299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogranking.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。