2007年10月31日

クラブワールドカップ2008年も日本で!

10月29日、国際サッカー連盟(FIFA)の理事会で2009年も日本でクラブワールドカップを開く事を正式決定した。
日本でヨーロッパチャンピオンと南米チャンピオンが対決するトヨタカップが、FIFAの管理となりクラブワールドカップと名前を変えた。主催していたトヨタ自動車の日本サッカーに対する貢献は、本当に大きなものだったのは誰もが認める事だ。日本で世界最高のプレーを観る機会を与えてくれた事に感謝したい。
南米の選手にとっては、ヨーロッパのクラブに移籍するチャンスでもあったこの大会は、世界中が色々な意味で注目していた。そう言えば私の南米の友人たちは、みんな「TOYOTA」の車に乗りたがっていた。

2008年も日本開催になった事は嬉しいが、2009年以降は立候補地を募って選定するとの事。正直、このまま日本でやって欲しいと思うがこれもクラブの世界大会発展のためなのかもしれない。しかし、日本の企業が世界一人気のあるスポーツの世界大会を作ったのは本当に誇りに思う。

まずは2007年の大会に注目したい。
日本のクラブが参加するということもあり、注目できるはずだ!
今のところ浦和レッズが日本またはアジア代表として出場する可能性が高い。
今から楽しみだ!

サッカーニュースのブログをサッカーブログランキングでチェック!

posted by Len at 18:18| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: FIFAワールドカップ100周年記念切手FIFAワールドカップ™(FIFA World Cup™)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催するサッカー大会の最高峰と位置付けられる..
Weblog: サッカーFC事典
Tracked: 2007-11-24 18:39
blogranking.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。