2008年02月20日

完全アウエーで中国を撃破!

中国で行われている東アジア選手権で日本代表は重慶で地元中国と対戦した。
試合開始前から異様な雰囲気はあった。
試合が始まると中国が積極的に攻撃を開始する。
日本は怪我などでFWの人数が少ないこともあり、この日は田代有三の1トップで臨んだ。
中国の新聞では、この試合に勝てなければワールドカップ出場は難しいとか、監督の交代が必要になるなどと騒がれていたこともあってか、この日の中国の攻撃は結構前がかりになっていた。
試合開始から約10分間は中国のペースだったが、徐々に日本が攻撃を組み立て始める。
そして前半17分、ようやく左サイドの駒野友一がオーバーラップをして、中国のゴール左の深い位置から低く早いクロスを上げると、FW田代が相手GKの前に入り交錯するとボールがゴール前にこぼれた。そこに詰めていたMF山瀬功治が狙い澄ましてダイレクトで強烈なシュートを中国ゴールに叩き込む。
早い時間で日本が先制した。
しかし、ここからが長い時間だった。
不可解な判定が積み重なり、日本選手たちの耐える時間が続いた。
徐々に攻撃を増してくる中国には何度もチャンスがあった。
それでもなんとか1-0のまま前半を終える。

後半に入ると日本のスタミナやテクニックが徐々に見れるようになった。
試合を支配し始めたかと思うと、中国がラフプレーに出る。
前半のGK楢崎正剛の出血だけでなく、DF安田理大の負傷退場、MF遠藤保仁やMF中村憲剛がプレーの後に倒されるシーンが目立った。
しかし、審判は多くのファウルを流した。
選手や監督は必死に耐えていたが、サッカーファンは限界に達していたのではないだろうか?
ある程度のブーイングや不公平な判定は予想していたが、選手が怪我させられたりするを見ていると、サッカーを見ている気分ではなかった。
とにかくこの大事な時期に怪我だけはしないでほしい。
勝利よりも選手の怪我を心配するほどの試合展開は、すでにサッカーではないように思えた。
もし公正な審判がいたなら、退場者は何人いただろうか?

しかし、そのような状況でも選手たちは耐えた!
ロスタイム5分と長い時間ではあったが、接触プレーを避けてボールを回して時間を使いきった。
試合終了のホイッスルがなると、DF中澤佑二を中心に選手同士でガッチリとハイタッチをしていた。
みんな本当に耐えていたのだ。

久しぶりに疲れる試合を見た。
見ていた人間ですらこんなに疲れているのだから、選手や監督やコーチはもっと疲れていたに違いない。
とにかく、次の韓国戦に備えてゆっくり休んでほしい。

韓国の実力を考えれば、今日のような疲れる試合展開にはならないかもしれないが、審判のジャッジには不安が残る。
東アジアのサッカーレベルを上げるためにあるはずの大会の存在意味が問われる次の試合をみんなで応援しよう!
もしこの中国戦のような判定が続くようなら、東アジア選手権よりも定期的に日韓戦だけやっていてもいいような気がしてきた。
本来ならとても素晴らしい大会のはずなのだが・・・

とにかく選手にお疲れさまと言いたい!
posted by Len at 22:54| Comment(41) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

日本代表アウエーの戦い続く

先日の北朝鮮戦では完全アウエーの中で、なんとかドローに持ち込んだ。
今度は地元中国戦だ。
しかし、あのブーイングはかなり強烈だ。

それでも今回の日本代表メンバーには若い選手や代表経験が浅い選手もいるので、アウエーの経験を積むには絶好の機会だ!
この苦しい状況を乗り越えて、ワールドカップアジア3次予選に弾みをつけて欲しい。
ラベル:アウエー アジア
posted by Len at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

小野がホームデビューで魅せた!

前節で2アシストでドイツビューをしたMF小野伸二が所属するボーフムがコトブスとホームで対戦。
後半19分から途中出場してトップ下に入った。
その4分後に相手ゴールに近い右サイドから自ら得たFKを放つと、チームメイトへ見事に渡ってボールを流すとFWアウアーがゴールを決める。
見事なFK精度でボーフムでもすでに重要な選手となっている。
小野がドイツから日本代表復帰をねらう!
posted by Len at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

FC東京が超大型補強へ動く

国の首都に拠点を置くクラブチームの強さが、その国のサッカーレベルを表すとも言われている。
イタリアのASローマ、SSラツィオやスペインのレアルマドリード、アトレティコ・マドリード、またイングランドのアーセナルFC、チェルシーFCなどがそうだ。
確かにヨーロッパだけでなく、世界的に有名なクラブチームが首都を本拠地としている。
日本ではFC東京や東京ヴェルディーがそれに該当する。
しかし、AFCを制した浦和レッズや長年国内リーグ良い成績を収めている鹿島アントラーズなどの人気チームの方が世界的には有名だったりする。
個人的には首都に拠点を置くチームにはもっとビックになってほしいと思っていた。
ここでFC東京の村林裕社長は総額10億円規模の補強をする方針を示した。
その一つとしてワールドクラスの選手獲得だ。
非公式ではあるが、FC東京はイタリアのセリエAの強豪クラブであるユベントスの主力選手のMFパベル・ネドベドの獲得意思表明をしたと伝えられている。
チェコの大砲と呼ばれるミドルシューターであるネドベドは現在35歳。
今年の6月でユベントスとの契約が満了する。
年齢的にも若いスター選手と比べれば比較的競合があまりないと言われているが、それでも彼はビックネーム。
獲得することは簡単ではないはずだ。
Jリーグに現役スター選手が来るのは最近では見られなかったが、もしネドベドの獲得が実現したなら、個人的にはスタジアムに足を運ぶことになりそうだ。
正直、Jリーグで現名古屋グランパスの監督のストイコビッチ(通称ピクシー)が選手としてJリーグに来た時に見たプレーには驚かされた。
あの時のように世界最高レベルのプレーがJリーグで見られるなら、日本の選手にとってもサッカーファンにとっても大きなプラスになるのではないだろうか?
もちろん、ネドベドが日本に来るかは全く未定ではあるが、FC東京のこうした努力を心から応援したい!!
posted by Len at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

南アフリカへ4ゴール発進!

南アフリカワールドカップに向けて、アジア3次予選が始まった。
日本はホームでタイを迎えた。
やっぱり、公式戦は親善試合とは違った緊張感がある。
この日の天気は雪だった。
これは雪を見たことない選手を多く抱えるタイにとっては、いわゆる「アウエーの洗礼」となったに違いない。
試合開始直後から、日本がボールを支配した。
中央の繋ぎからサイドへの展開までは、タイを圧倒していた。
しかし、ゴール前にボールが渡るとタイのディフェンスに阻まれていた。
やっぱり、ゴール前を固めていたタイのディフェンスを破ったのはMF遠藤保仁だった。
前半21分に相手ゴールの正面でFKを得ると、遠藤の右足から放たれてたボールはタイの壁を越えて、ゴール左隅に決まる。
タイのゴールキーパーは全く動けなかったほど、完全に逆を突いた見事なFKで日本が先制した。
これで日本は落ち着いてプレーできると喜んでいたサポーターの期待を裏切るかのように、71秒後にタイのFWティーラテープの無回転ミドルシュートが鮮やかに決まる。
遠藤のFKで喜んでいたので、何が起こったかわからないといった感じだった。
あのミドルシュートで日本の選手は目が覚めたのか、その後も攻撃し続けた。
しかし、タイの勢いもあり前半は1-1で折り返す。

後半に入ると日本はさらにボールを支配した。
そして後半9分、タイのゴールラインぎりぎりのところでMF山瀬功治が見事な突破を見せてペナルティーエリア内に進入すると、タイの選手が寄せて山瀬からボールを奪うがクリアボールがMF中村憲剛の足に当たり、ゴール前にボールが転がるとFW大久保嘉人が素早く反応して右足を突き出してゴールを決めた。
ゴールへの貪欲な姿勢が貴重な得点を生み出した。
岡田ジャパンのFW初ゴールだった。
これで完全に流れは日本に来た。
このゴールを機にタイは慣れない天候と焦りから、ファウルが多くなる。
後半18分にタイの選手が2枚目のイエローカードをもらい一人少なくなると完全に日本のペースになる。
その3分後にタイのペナルティーエリアの左でFKを得ると中村憲剛が浮かせぎみにボールを供給するとDF中澤祐二が競り合いに勝ちボンバーヘッドで追加点を奪う。
そして後半ロスタイムに、途中出場していたFW巻誠一郎が遠藤からのCKからダイビングヘッドで追加点を奪う。
4-1という結果で日本が勝利!
南アフリカへ素晴らしい船出となった。

次も頼むぞ!!
posted by Len at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | A代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

小野がドイツで最高のデビュー

ボーフムに移籍した小野伸二がドイツのブンデスリーガ第18節のブレーメン戦に途中出場でデビューした。
ブレーメンはここまでリーグ2位の強豪で小野が出場したときには、0-1とリードされていた。
後半23分に小野がピッチに入ると、なんとすぐにFWアウアーのゴールをアシストしてしまう。
そして後半39分にもDFヤイアのゴールをアシストして、チームは逆転勝ち!!
実はボーフムは創立以来、ブレーメンのホーム試合で勝利したことがない。
歴史的な勝利を約25分で呼び寄せてしまった。
怪我の心配さえなければ、日本でもっとも完成されたMFとも言えるだろう。
浦和レッズでは怪我に悩まされていた。もちろん、これからも怪我をしないとも限らないが、海外でも通用する日本人選手がいるというのは素晴らしいことだ。
これからもドイツでの期待をしたい!
posted by Len at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogranking.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。